最近のコメント

    タグ


    12年03月31日 10:00 am |

    限定フルクラムご予約承り中(価格は店頭で)

    ノーマルホイールとの違いはハブにあります。両者とも mega drive side 、すなわちオーバーサイズのフランジを採用していること。これによりスポーク長が短くなり、ホイールの剛性が 8%アップ、重量も RACING 1 で5%、RACING ZERO で 3%と更なる性能のアップが図られました。さらに RACING ZERO には CULTベアリングが採用され、ノーマルを上回るスムースな回転を手に入れています。そのルックスも特別で、ダークラベルに近いトーンのシックな仕上げに加え、限定であることの証「LIMITED EDITION」のデカールによりノーマルとの差別化を図ります。また、RACING ZERO はフランジ部分のみ赤い仕上げで、存在感抜群です。

    RACING ZERO COMPETITION と RACING 1 COMPETITION、今回限りの限定生産で、4~5月にかけてお届けできる予定です。


    12年03月30日 11:01 am |

    ママチャリ編 パンクしないタイヤの裏話

    ホームセンターや自転車量販店で 販売されてる「パンクしないタイヤ」や「パンクしにくいタイヤ」は、後々 泣きを見ます

    パンクしないタイヤ、、、結論から言いますと、 一年後スポークがポキポキ折れます!
     地面からのショックを吸収しない為 スポークにストレスが集中して破損します。ひどい時はハブが割れる事もあるのです。
    また、チューブエアーの代わりに発砲ゴムチューブですので 重くて乗れません 常に2人乗りと同じ状態。

    パンクしにくいタイヤ、、特殊な液をチューブに挿入するのですが、僅か1mm程のチューブ厚ですので、塞がる訳は無く 特殊液のせいで修理パッチが張り付かず パンクするとチューブ交換になります。
    取り扱い説明書には、チューブ内を洗浄してパンク修理しろと書いて有るのです。

    **自転車トップメーカー BSやパナソニックが販売してる自転車に そんなタイヤが無いのは 以上の理由ですし、お客様本位の自転車店は 絶対取り扱わないのは その様な理由からです。(自転車屋は 自店で販売した自転車の修理を確実に行う 道徳感の様なものを持ってるからです)


    12年03月29日 5:40 pm |

    素材の違いは豆腐の様?

    カーボン・スチール(クロモリ)・アルミ 、、、素材の違いで、乗り「味」 は変わるものです。
    まるで、豆腐の様な気がします。
    ざる豆腐・絹ごし豆腐・木綿豆腐・中には 高野豆腐なんかもあります。
    雑誌では 「クロモリのバネ感」「マイルドで疲れないカーボン」 なんて有りますが、鵜呑みには しないで下さい。
    しならないクロモリ や ガチガチカーボンも有るのです。

    微妙な味の違いは 乗り手の感性次第です!
    豆腐の様に 微妙な違いを楽しむのは心地よいものですヨ (ソムリエ気分です)
    高野豆腐フレームなんか そのままでは食えませんが、味付け次第で 異次元の味にもなるのです。

    それと大切な事! ホイールとの相性です。(このへんは店長の企業秘密です)


    12年03月26日 6:07 pm |

    Raleigh(ラーレ) CRF

    メーカーさんは、すでに今期完売のクロモリ(実はこれマンガンモリブデン鋼)のCRFの480mmホワイトの在庫有ります

    探してるスチールフレームファンは、お早めに!


    12年03月24日 6:27 pm |

    Mr.Kobaの猪野越えに再アタック

    3/20 新しいタイヤに履き替えて、再度 猪野越してきました。
     
    今回は、店長ご推薦、畑林道入口からの急坂ルートでチャレンジです!
     
    しかし即立ちゴケ。
     
    あの坂、プロは登れるのですか???? 自転車が登ってるところを観てみたいです。
     
    シクロタイヤ、好感触ですよ。凸凹道もガンガンでヘッチャラ。
     
    店長お薦めのパナフロアーポンプも、非常にヨイです。
    楽楽でエアーが注入でき、空気入れがゼンゼン苦になりません!!

    12年03月23日 9:17 am |

    イタリアン レーシングバイシクルズ 入荷

    ITALIAN RACING BICYCLES
    Guido P. Rubino著
    税込定価:3,400円
    限定300冊限りです。


    12年03月22日 9:51 am |

    TOMMASINI到着

    後輪がフレームの ど真ん中に入るかのチェックです。当然 ど真ん中ですが、そうでないフレームは多いのです。

    ヘッドバッチは裏の突起を折り曲げ外れない様にしっかり固定。

    アルミのシールタイプでは無い
    本物です。

    リーマーを通しても これくらいの削りカスです。

    下準備は お客様のために有るのですが 店長の楽しみでも有るのです。


    12年03月21日 8:51 am |

    MTB小僧Y野君のトレイルライド

    4月15日(日)に熊本で開催される
    『春の吉無田マウンテンバイクフェスタ』
    通称“ハルヨシ”に向けての練習ライド。

    この時点で“ツールド糸島”は自動的にキャンセルに‥‥。
    なんだか毎年かぶってて、まだ一度も出場出来て無い~!?

    九州では比較的安全にダウンヒルが楽しめる“ハルヨシ”

    ダートに不慣れな相方も参加する(させる?)ので、まずはキホン的なポジション、ブレーキング、コーナリングを練習。

    まだまだ頭で考えながら乗っているようで、かなりギクシャク‥‥。

    大会まであと1ヶ月。

    平地でもう一度練習して、仕上げに下りを数本こなせば、女性の参加人数次第では表彰台も夢じゃない‥‥カモ?
    (^艸^)ウヒヒ


    12年03月19日 8:55 am |

    限定車Calamita クロモリ+105 残り僅か  ご予約承り中

    49・52・55サイズで合わせて50台のみの限定生産です。

    シマノ105のフル装備に、オリジナルのtradizioneの軽量なZEROホイールのスペシャルカラーを採用しており、

    クロモリフレームにして8キロ前半の重量を達成しております。

    また『以前のITM』をシートポスト、ステムに採用し、E.D.パールブラックのカラーを纏ったマシンはマニアの心を掴みます。

    「クロモリなのに早い・・・」なんて思わせてしまうほど、非常に高いコストパフォーマンスに仕上がっています。

    価格は\185,850-(税込)となります。画像は見本車ですのでデザイン等は、若干異なります。


    12年03月18日 8:59 am |

    クロモリ(鉄)フレーム限定レース

    こんなレースも 楽しそうです。群馬なので行けませんが。