最近のコメント

    タグ


    11年05月29日 9:27 am |

    チューブレスタイヤ (輸入元社員のブログ)

    愛用しているアトムチューブレスが、走行距離5000キロをオーバーしました。これは決戦用タイヤとして購入したものです。しかしこれまでパンクと無縁でしたので、通勤などの普段乗り用として調子に乗って走り回ってました。

    タイヤ内部をチューブで膨らませている通常のクリンチャータイヤと異なり、チューブレスタイヤはチューブを必要としません。そのためにリム打ちによるスネークバイトパンクの可能性が極端に少なくなります。ハッチンソン社では気密性を高めてパンクのリスクを減らすために、指定のシーラントを入れて使う事を推奨しております。

    私はパンクのリスクを可能な限りなく減らすために、プロテクトエアMAXを入れて走行しています。私はトレッド面の磨耗の限界付近まで走りましたが、これまでパンクでのトラブルには一度も見舞われることがありませんでした。これまでに小さな異物が刺さっていた事も考えられますが、プロテクトエアMAXが自動的に補修するために、そのまま走り続ける事ができている可能性もあります。

    通常のクリンチャータイヤであれば、5000キロも走れば2~3回程度のパンク修理もしくはチューブ交換を強いられるケースが多いです。それを考えると、パンクのトラブルと無縁でいられるのは素晴らしい事だと思います。

    私は現在、3種類のロードチューブレスタイヤを、3セットのホイールに装着して走行しています。このアトムチューブレスは、これまで前後ローテーションを繰り返しながら、1年弱の期間にわたって走りました。

    プロテクトエアMAXはサラサラの液体です。回転することでタイヤ内部に皮膜が形成されます。基本的には水分なので、序々に蒸発して内容量が減っていきます。ひと夏を越すと、内部がカラカラに乾燥している場合もあります。そのため一度プロテクトエアMAXを入れたからと言って、決してそのまま放置して良いものではありません。前後ローテーションする際などにプロテクトエアMAXの残量を確かめるようにしてください。劣化して変質・変色している場合は、入れなおします。単に量が減っている場合は、適宜継ぎ足します。ロードチューブレスの場合、タイヤ1本につき30mlを注入します。
    Dinosaur スタッフブログ

    ホイールから取りはずしたアトムチューブレスの内部は、このようにプロテクトエアMAXの皮膜が形成されています。走行中に遠心力でタイヤ内部に張り付いているために、最も遠心力が高いタイヤ中央部分に皮膜が集中しています。走行中に路面と接触しているのは、この皮膜が形成されている部分です。そのため路面の異物がトレッド面に刺さった場合は皮膜が内圧で外に押し出される格好で、パンクを物理的に塞いでくれるのです。

    タイヤ内部に形成された皮膜が、どのような状態のものか触ってみました。

    Dinosaur スタッフブログ

    この皮膜は、2mm程度までの大きさのパンク穴を塞いでくれるものです。指で触れると、剥がれてしまう程度の柔らかいものでした。前後ローテーションする場合は、必ずしもこの皮膜を取り除く必要はありません。プロテクトエアMAXを入れ替えるか、そのまま継ぎ足してお使いください。

    タイヤのビード付近には、かなりの量の皮膜が形成されています。前後ローテーションする場合にビード付近に大きな塊がある場合は、取り除いて再装着される事をお勧めします。
    アトムチューブレスは、転がり抵抗が少ないレーシングタイヤです。パッケージには晴天時用とありますが、ハッチンソン社のテストでは、大手他社の全天候型タイヤよりもウエット性能が高いという結果が出ております。私は様々な天候の下で徹底的に走りこみました。いわゆる「皮むき」を終えた状態であれば、どんな路面状況でも普通に走れてしまう安心のレーシングタイヤという印象です。

    自分に最適な空気圧を見つけた時には、まるで翼を手に入れたかのような快適な走りを得ることができました。私は体重53キロですので、パッケージに書かれた適正空気圧は6キロです。この空気圧ですとタイヤを通じて伝わってくる路面からの突き上げは、非常にマイルドに感じます。空気圧を低く設定できるために、コーナーリングスピードも異次元です。下りのコーナーリング速度は、チューブレスにはかないません。それに走行速度を上げていくに従って、どこまでもスピードが伸び続けていくという、何とも表現しがたい不思議な感覚です。高速巡航を続けるような状況が多いローディーにとって、アトムは最高のチューブレスタイヤだと思います。

    ライバル全員がカーボンディープリムで参戦している中、私ひとりがシャマルにアトムチューブレスで参戦したレースがあります。機材面で私が不利という大方の予想を裏切り、結果的にはアトムチューブレスで全員を千切ってしまうという、痛快な出来事がありました。後にそれを知った多くの方々がロードチューブレスをご購入され、「まさかこれ程とは」と驚かれています。カーボンディープリムの空力よりも、路面の走行抵抗を激減させることが、速く快適に走れる魔法を生み出しているのだと思います。


    11年05月28日 9:18 am |

    阿蘇望  7/24

    きつい 暑い でも 楽しい! ASOBOU申込書はパレットに有ります


    11年05月27日 6:43 pm |

    旅行車

    60歳定年で 第二の人生は「遊び」と「向上」を目的に楽しむ団塊の世代 元気な方々が増えてます。
    のんびり と楽しむ自転車も良い物です。
    旅行中にメカトラブルが無いように 確実に 真剣に組ませて頂きました。

    ロードバイクの倍は作業時間が必要でしたが、細部に店長のランドナー経験を追加した 旅行車に仕上がりました。


    11年05月26日 8:56 am |

    店長のぶらりサイクリング(アベレージ15km/hの薦め)

     

    久々にクロモリのTommasiniでのんびりサイクリングです
    コースはベタな岡垣~鐘崎~津屋崎ですが、山ばかり行ってた店長には
    久々のフラットコースです。
    土日には自転車乗りさんが一杯のこのコースも平日は一人もすれ違いません。
    帰りは唐津街道の畦町・南郷廻りでPARETTOに到着です。淡々と時が流れる 変化の無い平和な一日に心が安らぐのは、歳のせいでしょうか。


    11年05月25日 9:27 am |

    MIKASHIMAペダル 自主回収のお知らせ

     
         重要なお知らせ
           
           
    2011/5/23
    折畳みペダル・FD-7 BLACKの自主回収への御協力のお願い

    平素より、弊社製品を御愛用下さり有難う御座います。
     
    さて、本年1月20日より販売のFD-7 BLACKに関し不具合発生の可能性が判明した為、お手元の当該製品の自主回収への御協力をお願い致します。
    本製品は、昨年秋より先行販売のFD-7に黒塗装を施したものですが、不具合は、この塗料に起因するものと考えられます。アルミ生地仕上げの先行製品に比べ、各部品の表面が滑らかになった為、通常の使用では問題ありませんが、踏面外縁側に強い衝撃を加えると意図せずPUSHボタンが引込み、側板が折畳まれて転倒等の重大事故に繋がる恐れがあります。
    FD-7 BLACK:今回の回収対象品です。 FD-7 BLACK改良品

    現在、事故には至っておりませんが、弊社としては御客様の安全を考え、当該ペダルを回収し改良品と交換させて頂くことに致しました。
    つきましては、御手元の当該ペダルを弊社宛、着払いで御返送下さる様お願い致します。返品受領後、右上に掲載の改良品を送付させて頂きます。
    ペダルの外し方
    同梱の六角レンチ、又はペダルレンチを用い、写真の様に右ペダルは矢印の方向に回して外して下さい。
    左ペダルは逆ネジなので、写真とは反対方向に回して外して下さい。
     
    銀色のFD-7には、不具合の発生は無いので、そのまま御使用頂けますが、同梱説明書の通り、乗車時には、ペダル中央部を踏む様、又強い衝撃を加えない様、お気を付けてお使い下さい。弊社では、製品の機能性・安全性・信頼性等を向上させるべく、常に改善を続けております。
    今後共、弊社製品を御愛顧下さる様、宜しくお願い致します。

      FD-7:回収の対象外です。
    御質問等、おありでしたら下記連絡先宛に電話、又はEメールにて御遠慮なくお問合せ下さい。    
    Tel: (04)2948-1261
    専用E-メール: fd7@mkspedal.

    11年05月21日 11:20 am |

    フリーボディーから異音が!

    某メーカーの完組みホイールですが、分解すると ナナ なんとい 3つ有る爪の1つが裏返しに取り付けてありました。呆然とした瞬間でしたが、その状態でも回転するのには、驚き。
    しかし、超高価なホイールでこれとは、、、情けないばかりです。


    11年05月20日 11:47 am |

    MAVICクリンチャー タイヤ・チューブ

    イクシオンK10タイヤ    @¥7350
    イクシオングリップリンク23 @¥6300
    イクシオンパワーリンク23 @¥6300

    48mmバルブチューブ(バルブはブラックカラー) @¥840

    なかなか作りは良さそうです。
    MAVICのホイール(10万円以上)新規御購入時 に無料サービスしようかな!


    11年05月18日 3:14 pm |

    店長のぶらりサイクリング

    磯辺峠(猫塚峠)を越え いざ猫峠と、、、、思いきや 脚は言う事を聞きません。
    しかたなく、行きつけのラーメン屋へ進路変更。ド豚骨・カンスイ臭い麺・冷蔵庫焼けしたチャーシュウー う う。いつもどうりにエグイ!
    2.5倍を完食し いざ赤木峠 とビンディングに跨ると お腹がグリュ~
    またまた、進路変更で若宮八幡さんのトイレに直行でした。(間一髪 間に合いました)
    花は美しく ポカポカ天気でしたが、体が言う事を聞きかない 敗北サイクリングでした。


    11年05月17日 3:26 pm |

    百害あって一利なし(パンク防止剤)

    青い怪しい液材は、「パンクしませんヨ」と、偽りうたい文句のパンク防止の為に事前に入れる液です。
    この偽り液は、実際 針で突いた超微細な穴は塞いでくれますが、少しでも穴が大きいと 全く役立たず。ましてや、パンク修理不可能になり チューブ交換が必要です。
    ベタベタのグチャグチャになり、困りもんです。
    良心的なショップは販売しませんが、、、、。
    こんな、商品は地球から消えちゃえ!


    11年05月16日 11:36 am |

    シューズ サーファス ロード ポディウム 入荷

    ロードバイクシューズ この仕様で ¥9800は驚きです
    今回40から45サイズすべて仕入れました