最近のコメント

    タグ


    15年06月26日 6:15 pm |

    フルクラムのスポーク交換は 難!難!難!

    折れたアルミスポーク交換ですが、付属のアルミニップルはマグネットで バルブ穴から誘導です。
    おまけに 超高テンションなので折れそうで ヒヤヒヤ作業です。


    15年06月25日 5:25 pm |

    異音の原因は フリーボディー

    持ち込まれたロードバイクは 「異音」修理です
    早やガッテンで 憎っくき「BB-30」のせい だと思い込んでましたが、なんだか違う予感がして
    フリーボディーを 先に分解してみると 「油が全く無い」
    汚れや水混入などは経験有りますが カッサカサのラチットは初めて見ました。
    いささか手遅れで「微音」はしますが、走行に問題無いレベルまで改善しました。


    15年06月23日 1:27 pm |

    2015年 英彦山サイクルタイムトライアル

    早くも申し込み時期です お早めに!


    15年06月20日 4:46 pm |

    チューブラータイヤ取り付けレッスン

    初めてチューブラータイヤを使う お客様には マンツーマンで
    取り付け方法をお教へしています。
    何度か取り付ければ上手になりますヨ


    15年06月16日 2:21 pm |

    ハンドナター(工具)

     

     

     

     

     

     

     

     

                       アルミフレームのボトル台座のガタツキ時使う 特殊工具です

    力加減を あやまるとメネジが抜けるので 慎重に慎重に作業です。

     

     


    15年06月10日 8:01 pm |

    店長のぶらりサイクリング(アベレージ15km/hの薦め)

     

    今日は 隣町の岡垣に路地散策サイクリングです。

    地蔵峠を越え 何も考えず20年以上流してる 走り慣れた道から外れ 旧街道臭の香る裏路地に導かれる様に侵入です
    集落道を挟むように流れる水路は 田植え時期 堰を開き水を多く流していました
    鶴の「鏝絵」も残され 昨今の旧街道ビジネス的な「お金の臭いを全く感じない」清い生活旧道堪能です。

     

     


    15年06月10日 2:56 pm |

    MTB小僧の壱岐サイクルフェスティバル~その3

     

     

     

     

     

     

     

    アップダウンの連なる島の西側を駆け抜ける後半戦‥‥
    “そう言えば、日本の島や半島って、東側が平らで西側が険しい‥‥と想うのは小僧だけ!?
    (゜ε゜)”

    ‥‥登りが滅法弱い小僧とその愛車“トマッシーニ”が平坦と下りに活路を見い出すのは当然の流れ。

    小さな集団の中で千切れずに生き残るには、下りで先行し、平地で脚を貯め、登りは踏ん張って耐える作戦。

    名所“猿岩”近くからの登りをなんとか踏ん張り、集団の3番手で通過!

    前走者との差をジリジリと詰め、得意の下りに差し掛かったところでスパート!
    もうバキバキに飛ばします!!

    短い平坦でも脚をゆるめず、さらに踏む!踏む!!フムー!!!

    下りきってゴールまで残りわずか、振り返ると一台の影が‥‥“シリアス組”の“リーダー”だ!?

    寡黙なリーダーは小さな登りで差を詰めて来ていた!?
    (~д~Ⅲ)ヤラレタ‥

    結局、最後の登りで抜き返されてゴール。

    タイムは自己ベストを9分更新しての1時間37分21秒で293人中125位。

    手元のメーターで、51.4㎞を走ってアベレージ30.1㎞
    MAX70㎞

    練習してきたコトは出来たが、それ以上のコトはやっぱり出来ず‥‥と、当たり前の結果に。

    毎度のコトですが~
    もっと練習して出直します!
    m(_ _)m

    最後に。
    毎年、素晴らしいイベントを開催してくださる運営スタッフと応援してくれる壱岐の島の人々のに感謝を込めて!

    また来年よろしくお願いします♪


    15年06月09日 8:11 am |

    MTB小僧の壱岐サイクルフェスティバル~その2

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ご~ん‥ご~ん‥。
    レースの朝は向かいのお寺さんが鳴らす鐘の音が6時の目覚まし。

    6時には受付に並ぶ猛者に混ざってウチからも3人の“シリアス組”を送り込み、残った5人の“満喫組”はゆっくりと朝食を頂き7時半過ぎにスタート会場の壱岐文化ホールへ。

    いつもの40列目辺り(前に240人も!)をゲットして各自ウォーミングアップと朝の軽量化(お食事中に失礼!)に散らばって行きます。

    小僧が毎年走る50㎞クラスの8:50スタートに合わせて並んでいると、女将&キッズが応援に駆けつけてくださり、みんなで記念撮影。

    ほどよく緊張もほぐれた頃スタートの刻を迎えます。

    最初の鬼門はスタート直後の下りトンネルからの直角コーナー。
    300台の集団がなだれ込むと落車必至!

    一応パレード走行区間ですが、ピリピリとした緊張感があります。

    無事にやり過ごしたらパレード解除の郷ノ浦大橋からの登り区間へ!

    自然と各レベルに合わせた“ふるい落とし”にかけられる仕組み。

    登りの鉄則はマイペース!
    ジリジリとポジションを上げつつ登りきって、そこから一気に下って怒涛の平坦区間へ!

    ロードレース最大の敵は風!
    実力の近い者同士が協力して小さな集団を作り、一番疲れる先頭を交代しながら、お互いを風よけにして走る。
    “ローテーション”と言われるテクニック。

    前走者を吸収しながら、3人が4人、5人と増えていき、最終的に7~8人で回して行くカタチに。
    一人なら平均時速30㎞が8人だと35㎞以上まで上げられます!

    去年へばった、30㎞クラスのスタート地点、芦辺を過ぎてゼリーを補給しアップダウンを繰り返す後半へ突入!

    ‥‥またつづく。



    15年06月08日 5:45 pm |

    MTB小僧の壱岐サイクルフェスティバル~その1

    27回目を数える
    “壱岐サイクルフェスティバル”
    小僧は3回目の参加です。

    博多港から乗船率120%のフェリーで2時間ほどのクルージング。

    九州郵船さんの完璧な対応で愛車はバッチリ守られ、無事に郷ノ浦に着岸。

    壱岐での昼食に名物のウニ丼を奮発し、前日は練習ついでに島めぐりを。
    全コース試走は控え、脚を残す作戦。

    終わってすぐさま宴会の買い出し。

    去年は、前夜に飲み過ぎてレース本番に撃沈したので、今年は早目に飲み始める大人の計画。
    しかし、大部屋に過去最多の8人での宿泊‥‥盛り上がるに決まってるでしょ~。
    (~д~Ⅲ)アワワ

    毎年お世話になるお宿“しげ井”さんで壱岐のお魚三昧の夕御飯を平らげ、いざ決戦の刻!‥‥宴会ほうの~ですヨ。
    (^艸^)

    7時頃から呑み始め、ビールから焼酎~と、順調そのもの。
    21時過ぎに、千葉県から駆けつけた、ナンバ氏も合流!
    “しげ井”さんたらきっちり一人分の夕食を用意してくださいました!
    m(_ _)mアザス

    宴はさらに盛り上がって、ボトルが割れたり、指原が一位になったり、脚が吊ったり、寝込みを襲ったり。

    しかし、我々ももう大人。
    計画通り0時前に就寝成功!

    明日は恨みっこ無しでスタートがきれそうです。

    ‥‥‥つづく。


    15年06月02日 3:01 pm |

    まるで提灯  これって 面白い 

    LEDボトルです。
    スクイーズ可能なボトルの底面に低エネルギー消費で高効率のマイクロLEDが搭載され、夜間走行の視認性を確保します。

    取り寄せ手配品¥3300(税別)

    径:74mm ・容量:650ml ・低バッテリー消費を備えた非常に効率的なマイクロLED搭載 ・最長点灯時間:ハイ/約60時間、ロー/約120時間、点滅/約240時間 ・電池:CR2032コイン電池(2個使用)